インドネシア旅行基本情報

インドネシア入出国、ビザ、パスポート、ビジネスアワー、電圧、電源プラグなど、旅行に関する基本情報。

インドネシア旅行に関する基本情報

ビザとパスポート 【ビザ】 2015年6月12日から、30日以内の観光目的でインドネシアを訪問する日本人はビザが免除となっています。
※ジャカルタのスカルノ・ハッタ空港、デンパサールのグラライ空港、スラバヤのジュアンダ空港、メダンのクアラ・ナム空港、バタム島のハン・ナディム空港の主要5国際空港、およびバタム島などの9つの港からの入国者のみ。その他の空海港では、ビザ免除での入国はできません。
到着ビザ(VOA)制度もあります。31日以上滞在する場合などは、入国時にVOAをUS$35で取得します(入国後に有料で1回延長可。60日以内)。
【パスポート】パスポートの有効残存期間は入国時点で6ヵ月以上必要。
査証欄には連続した3ページ以上の空白ページが必要。
※ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがあります。 必ず大使館、領事館または旅行会社でご確認下さい。
インドネシア入国 - インドネシア共和国政府観光省
ビザ 申請(本人) - 在日本インドネネシア共和国大使館
入出国・税関 【入国について】 入国に際しては、復路もしくは次の目的地への航空券を所持している事が条件となります。
【出国について】 パスポートと、入国時に入国管理官から手渡される出国カードを入国管理官に提示して、出国スタンプを貰います。
※税関についての詳細はインドネシア共和国観光省公式サイトのインドネシア入国 ページを参照。
※2015年3月13日から、ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港では外国人に対する入国審査時の出入国カード(EDカード)記入の義務が免除されています。 今後、インドネシア国内各地の国際空港でもに出入国カード記入免除は実施される予定です。
参照URL インドネシア共和国入国管理総局は、スカルノ・ハッタ国際空港において... - インドネシア共和国観光省
飲料水 インドネシアの水道水はバリ島も含めて、絶対にそのまま飲むことは止めましょう! スーパーやコンビニなどで売られているミネラルウォーターを購入して飲みましょう。 氷が入った飲み物にも注意です。煮沸した飲料水を出す店でも、 氷は殺菌処理されていないケースがほとんどです。 また、果物以外の生ものも避けましょう。
飲酒について イスラム教国とは言うものの、観光客に飲酒の制限は特にありません。 街のスーパーマーケットなどでお酒やビールを購入できます。日系のデパートでは日本のお酒も置いてあります。
喫煙について 日本に比べて愛煙家が多いインドネシアですが、2006年からはジャカルタで禁煙条例がスタート。 公共施設や宗教行事開催の場所、公共交通機関などは禁煙です。 指定された場所以外でタバコを吸うと罰金をかせられることがあります。
チップについて レストランやホテルの料金にサービス料が含まれている場合、チップは不要です。
チップはあくまで気持ちの問題なので、心地よいサービスを受けたと感じたならチップを渡しましょう。
一流ホテルでポーターに荷物を運んでもらったり、ルームメイドへのチップは約Rp.5,000が目安。 レストランでは、5~10%ぐらいが目安。
なおタクシーを利用する際は、通常、小額のおつりはチップとしてそのまま渡すことが一般的です。
電圧と電源プラグ 電圧は220V、周波数は50Hzです。電源プラグ/コンセントの形状は、 ヨーロッパ各国と同じく、丸ピン2本足のCタイプが一般的です。
日本国内の電化製品を使用する場合、変換プラグと変圧機能付電化製品が必要です。
変圧器の貸し出しサービスを行っているホテルもあります。 持参しなかった場合は、フロントやビジネスセンターで尋ねてみましょう。
ロード・ウォーリアー 海外用電源形状変換プラグ エレプラグW (Cタイプ)
ビデオ方式 テレビやビデオはPAL方式です。日本やアメリカが採用しているNTSC方式とは異なるため、一般的な日本国内のビデオデッキやDVDプレーヤーでは再生はできません。
DVD方式 インドネシアのリージュンコードは「3」です。一方、日本のリージュンコードは「2」。 そのため、「Allcode」と明記されているDVDでない限り、日本では視聴jできません。 海賊版のDVDの多くは、リージョンフリーですが、 日本への持ち込みは違法となります。
ビジネスアワー 都市や観光地、店によって異なりますが、一般的な営業時間の目安は以下の通り。
【銀行】月~金曜9:00~16:00、土曜9:00~12:00。日曜、祝日は休み。
【ショップ】都市や観光地では、毎日10:00~21:00。コンビニの多くは24時間営業。
【レストラン】都市や観光地では、毎日10:00~22:00が目安。 閉店時間の30分から1時間前にオーダーストップ。大都市では深夜営業や24時間営業の店もあり。
郵便 インドネシアの郵便局は「POS INDONESIA」(ポス・インドネシア)と呼ばれています。
【郵便局営業時間】月~土曜8:00~18:00が目安。切手は雑貨屋でも購入できます。ホテルのフロントで投函を頼むこともできることもあるので尋ねてみましょう。
【郵便料金】日本までの各種郵便料金はハガキがRp.7,000。封書は50gまでRp.11,000、EMS便は1kgまでRp.150,000。
通常5~10日で日本に届きます、EMSは約3日で届きます。

インドネシア基本旅行情報 目次

インドネシアの概要・基礎情報
インドネシアの面積、人口、民族、宗教、国歌など、インドネシアの概要、基礎情報。
インドネシア旅行の基本情報
ビザ、パスポート、公共マナー、ビジネスアワー、電圧、電源プラグなど、インドネシアを旅行する上での基本情報。
旅行情報の収集
インドネシア旅行・観光情報収集ノウハウ、リンク集
インドネシアの休日・祝日・祭日
2017年版インドネシアの休日・祝日・祭日・記念日・カレンダー。