2018年インドネシアとバリの祝祭日・休日

インドネシア / バリ島のカレンダー / 暦

13,770もの島からなる群島国家インドネシアには、実に多様な民族、言語、宗教、文化があります。

インドネシアの国民の90%以上はイスラム教を信仰していますが、カトリック、仏教を信仰するインドネシア人もいます。 また、バリ島ではバリ・ヒンズー教徒が90%以上を占めると言われています。

イスラム教徒が圧倒的な多数派ですが、キリスト教、ヒンズー教、仏教などの代表的な祭日も国の祝日となっています。このあたりに、多様性の中の統一を目指すインドネシアのユニークな点があります。

各宗教の祭日は、それぞれの暦に従っているため、新年元日、独立記念日、クリスマス以外の祝日は、年ごとに日にちが異なる移動祝祭日です。

以下、インドネシアの祝日です。なお、2018年の断食明け大祭(イドゥル・フィットリ)は6月15日(金)・16日(土)です。

※在インドネシア日本大使館の休館日は、在インドネシア日本国大使館公式サイトの 開館時間と休館日ページ参照。

※バリ島(バリ州)の祝日は、バリの祝日・休日を参照。

2018年インドネシアの祝日・祭日・休日

※赤字がインドネシアの祝日です。

2018年1月1日(月) 新年 / New Year / Tahun Baru Masehi
大晦日から元旦にかけてインドネシア中で新年が祝われます。首都ジャカルタでは、政府や企業が様々なイベントを開催します。ことに新年へのカウントダウンの瞬間は、花火や爆竹が鳴り響きます。お店は通常通り営業していることが多いようです。
国の祝日
2018年2月16日(金) イムレック(中国歴2569年元旦) / Tahun Baru Imlek 2569
中国暦のお正月、いわゆる旧正月です。商業・交易のを担ってきた華人系だけに、バーゲンセールも盛大に行われます。ことにチャイナタウンでは盛大に祝われ、獅子舞などの伝統舞踊を目にすることができます。華人系の間では、子供たちへの「お年玉」(Angpau)の習慣もあります。
国の祝日
2018年3月17日(土) ニュピ / ヒンドゥー正月(サカ暦元日) / Saka New Year / Hari Raya Nyepi
ヒンドゥー教の「サカ暦1940年」の新年元旦です。ニュピとは「静寂の日」という意味で、悪霊が過ぎ去るのを待つ日です。バリ島では飛行機の発着も含めて、交通機関はすべてストップするため、旅行される方は注意が必要です。
2018年3月30日(金) 聖金曜日 / Good Friday / Wafat Isa Al-Masih
キリスト教の復活祭の前の金曜日にあたる日です。「キリスト受難祭」「受苦日」とも呼ばれます。教会では厳粛なミサが執り行われます。
国の祝日
2018年4月14日(土) モハメッド(ムハンマド)昇天祭 / Prophet Mohammad's Ascension / Isra Mi`raj Nabi Muhammad SAW
モハメッド(ムハンマド)が大天使ガブリエルに伴われて天へ召され、預言者となった日を祝うイスラム教の祭日です。
国の祝日
2018年5月1日(火) メーデー(レイバーデー) / Labor Day
5月1日は、世界各地で春の訪れを祝う日、あるいは労働者による祭典が開かれる祝日となっています。インドネシアでも労働者に配慮して2014年から国の祝日となっています。
国の祝日
2018年5月10日(木) キリスト昇天祭 / Ascension of Jesus Christ / Kenaikan Isa Al-Masih
復活したイエス・キリストが天に召されたことを記念するキリスト教の祭日です。
国の祝日
2018年5月29日(火) ワイサック(ウエサク) / 仏教大祭 / Hari Raya Waisak
ブッダの生誕を記念して行われる年に一度の祝日です。日本では花祭りと呼ばれています。ジョグジャカルタのボロブドゥール寺院遺跡周辺では、国内外から僧や仏教徒、観光客が大勢集まり、盛大に祝います。
国の祝日
2018年6月1日(金) パンチャシラの日 / Hari Kesaktian Pancasila
パンチャシラとは、1945年6月1日にスカルノ元大統領が提唱したインドネシア建国五原則。人口の約9割がイスラム教徒でありながら、多様性を認める多宗教国家として発展する礎となったと言われています。2016年から祝日となっています。
国の祝日
2018年6月13日(金)・14日(土) 政令指定休日 / Cuti Bersama Lebaran
断食明け大祭前の休暇奨励日。
国の休日
2018年6月15日(金)・16日(土) 断食明け大祭 / イドル・フィトリ / Idul Fitri
1ヶ月間続いたラマダン(断食)の終わりを祝うイスラム教の大祭です。イドは祝宴を意味し、フィトルは断食の終わりを意味するアラビア語です。イドゥル・フィトリの前後10日間ほどはインドネシア人が大挙して旅行に出かけるため、非常に混雑します。この時期に旅行をされる方は注意が必要です。
国の祝日
2018年6月18日(月)・19日(火) 政令指定休日 / Cuti Bersama Lebaran
断食明け大祭後の休暇奨励日。
国の休日
2018年8月17日(金) インドネシア共和国独立記念日 / National Independence Day / Hari Proklamasi Kemerdekaan R.I
第二次世界大戦の日本の敗北によってインドネシアの統治権が日本から旧宗主国オランダに返還されることを阻止するため、インドネシアが独立宣言した日です。ジャカルタや大きな都市では、パレード・式典などが行われます。
国の祝日
2018年8月22日(水) イスラム犠牲祭(メッカ巡礼最終日) / イドル・アドハ / Idul Adha
イスラム教の最初の預言者・イブラーヒーム(アブラハム)が、自らの長男であるイスマーイール(イシュマエル)をアッラーフへの犠牲として捧げた事を記念する祭日です。世界中のイスラム教徒によるメッカへの巡礼の最終日にあたります。
国の祝日
2018年9月11日(火) イスラム(ヒジュラ)暦1440年 新年元日 / Islamic New Year / Tahun Baru Hijriyah
イスラム(ヒジュラ)暦の元旦です。預言者ムハンマドがメッカからメディナ(ヤスリブ)へ聖遷(ヒジュラ)した年を元年としています。
国の祝日
2018年11月20日(火) マウリッド・ナビ(モハメッド降誕祭) / Anniversary of the birth of Prophet Mohammad / Maulid Nabi Muhammad SAW
預言者ムモハメッド(ハンマド)の生誕を祝う祭日です。ヒジュラ暦(イスラム暦)の第3月の12日に当たる日で、イスラム世界で祝う聖者生誕祭(マウリド)の中でも、特に盛大にお祝いします。
国の祝日
2018年12月24日(月) 政令指定休日 / Cuti Bersama Hari Natal
クリスマス・イブの日も休暇奨励日となっています。
国の休日
2018年12月25日(火) クリスマス / Christmas / Hari Raya Natal
イエス・キリストの誕生を祝うキリスト教の祭日です。キリスト教徒以外にとっては、クリスマスショッピングやパーティーイベントを楽しむ日というニュアンスのようです。
国の祝日

インドネシアの基本情報 目次

インドネシアの概要・基礎情報
インドネシアの面積、人口、民族、宗教、国歌など、インドネシアの概要、基礎情報。
インドネシア旅行の基本情報
ビザ、パスポート、公共マナー、ビジネスアワー、電圧、電源プラグなど、インドネシアを旅行する上での基本情報。
旅行情報の収集
インドネシア旅行・観光情報収集ノウハウ、リンク集
インドネシアの休日・祝日・祭日
2018年版インドネシアの休日・祝日・祭日・記念日・カレンダー。