関西国際空港 - マレーシア間 直行便フライト発着スケジュール

新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。

マレーシアへの入国制限と入国後の行動制限

新型コロナウイルス感染拡大による航空会社への影響

新型コロナウイルス感染拡大による旅行需要の低下から、各航空会社のフライトが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトなどでご確認下さい。

日本航空 国際線の運休・特別対応

新型コロナウイルス肺炎に関する日本航空のフライトの運休・減便・時間変更、国際線航空券の変更・払い戻し等については以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 国際線運航情報・入国制限や検疫体制 - JAL

全日本空輸(ANA) 国際線の運休・特別対応

全日本空輸の国内線・国際線路線・便数計画の変更や入国制限については、以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 お知らせ - ANA

航空券の払い戻し(特別対応)と搭乗日の変更(特別対応)については、以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 新型コロナウィルスによる肺炎の発生に伴う国際航空券の特別対応について - ANA

マレーシア航空の運休・特別対応

マレーシア航空は国際線全路線を2020年6月まで運休。7月以降は減便や一部路線を運休しています。

フライトスケジュールはマレーシア航空の公式サイトで確認できます。

参照 フライトスケジュール

購入した航空券の日程変更の手続きは以下のページから。

参照 マレーシア航空は、新型コロナウイルス感染拡大に関する空の旅への不安に全力で対応いたします。

コロナ関連の情報は以下のコーナーで随時、更新されています。

参照 COVID-19: Important Notice to Passengers(英語)

エアアジアの運休・特別対応

格安航空会社、エアアジアの新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特別対応は以下のページを参照。

参照 記事新型コロナウイルス感染症(Covid-19)によるリクエストに関してのご案内

エアアジア・グループ関連会社の一つであるエアアジア・ジャパンは2020年12月5日をもって全路線廃止。日本事業から撤退します。
※エアアジアX、タイ・エアアジアX、タイ・エアアジア、エアアジア・フィリピンの日本路線は継続。マレーシア、タイ、フィリピンと日本との間の国際旅客便は、関連する出入国規制が緩和され次第、再開予定。

参照 エアアジア・ジャパン:事業廃止のお知らせ

大阪 - マレーシア間 直行便フライトについて

大阪(関西国際空港)とクアランプールとの間は、マレーシア航空と格安航空会社のエアアジアXの合計2社が直行便を運航しています。

その他、格安航空会社のエアアジアXは2019年1月30日から台北を経由する便を週4便体制で運航しています。

なお、マレーシア航空の大阪(関西国際空港)⇔コタキナバル線は、2013年10月末から運休となっています。

以下、直行便のフライトスケジュールを表組みにしてみました。 日本とマレーシアの間には-1時間の時差があります。日本の正午がマレーシアの午前11:00となります。 マレーシアにサマータイムはありません。以下の時刻はすべて現地時刻です。

夏期ダイヤと冬期ダイヤ

フライトスケジュールは、大まかに夏期スケジュールと冬期スケジュールとに分けられます。

夏期スケジュールは、3月最終日曜日~10月最終日曜日の直前の土曜日までの7か月間です。

冬期スケジュールは、10月最終日曜日~翌年3月の最終日曜日直前の土曜日までの5か月間です。

なお、期間中でも随時、フライトスケジュールに変更があります。必ず各航空会社でご確認下さい。

大阪 - マレーシア間 直行便 発着スケジュール / 2021年3月28日(日)~2021年10月30日(土)夏期ダイヤ

関西国際空港 ⇒ クアラルンプール国際空港

出発日 便名 出発時刻 到着時刻 コードシェア等
火木土
※05/08~07/06 火木土日
※07/07~08/01 火水木土日
※08/02~10/30 毎日
マレーシア航空 MH53便 大阪発 KL着 JL7095便
運休 エアアジアX D7 383便 大阪発 KL着 台北経由
運休 エアアジアX D7 002便 大阪発 KL着 翌日 -

クアラルンプール国際空港 ⇒ 関西国際空港

※05/07~07/05 月水金土
※07/06~07/31 月火水金土
※08/01~10/30 毎日
出発日 便名 出発時刻 到着時刻 コードシェア等
運休 エアアジアX D7 382便 KL発 大阪着 台北経由
運休 エアアジアX D7 001便 KL発 大阪着 -
マレーシア航空 MH52便 KL発 大阪着 JL7094便

関西国際空港(関空)- コタキナバル 直行便フライトスケジュール

2012年12月20日から運行を再開していたマレーシア航空の関空⇔コタキナバル線は、2013年10月末から運休しています。

航空会社コードと航空会社オフィシャル・サイト

 

空港を確認しよう!

Kuala Lumpur International Airport(KLIA)
マレーシアの空の玄関口のクアラルンプール国際空港(KLIA)は、クアラルンプールの南50kmに位置しています。 「森の中の空港、空港の中の森」をコンセプトに、故黒川紀章氏が設計。 空港内には乗り継ぎ客用に、短時間から利用可能な有料ラウンジやトランジットホテルも完備。 日本語を含む数カ国語での案内表示もあります。
Kota Kinabalu International Airport
サバ州コタキナバルにあるコタキナバル国際空港は、コタキナバル中心部から南へ約7kmに位置しています。 南北に延びる滑走路を挟んで、ターミナル1が滑走路の東側、ターミナル2は滑走路の西側にあります。
関西国際空港 オフィシャルサイト
フライト情報、本日のフライト情報、アクセス情報、出発・到着案内、関空マップ、 旅客便スケジュール検索などの情報が掲載されています。