マレーシア旅行の基本情報

マレーシア旅行に関する基本情報

ビザとパスポート 【ビザ】日本国籍を持つ方は、観光目的の90日以内の滞在はビザ不要です。
【パスポート】パスポートの残存有効期間は、入国時6ヵ月以上が必要です。無査証滞在時には、未使用査証欄が2ページ以上(連続でなくとも可)必要です。
入国に際しては、帰路もしくは次の目的地への航空券を所持している事が条件となります。
また、妊娠24週を過ぎた方は、原則的にマレーシアに出来ません。
※日本国籍以外の方、もしくは観光目的以外でマレーシアに滞在する場合は、在日マレーシア大使館査証部にて問い合わせて見て下さい。
在日マレーシア大使館査証部 Tel 03-3476-3849(午後2時~4時のみ)
入出国・税関 【入国について】 入国に際しては、帰路もしくは次の目的地への航空券を所持している事が条件となります。また、妊娠24週を過ぎた方は、原則的にマレーシアに出来ません。
※日本国籍以外の方、もしくは観光目的以外でマレーシアに滞在する場合は、在日マレーシア大使館査証部にて問い合わせて見て下さい。
在日マレーシア大使館査証部 Tel 03-3476-3849(午後2時~4時のみ)
【予防接種】 日本からの入国には、予防接種は義務付けられてはいません。コレラや黄熱病の汚染指定地域(アフリカなど)から マレーシアへ入国する場合は、予防注射および予防接種国際証明書が必要です。
【出国について】 パスポートと、入国時に入国管理官から手渡される出国カードを入国管理官に提示して、出国スタンプを貰います。
税関 マレーシア入国に際しては、酒類1本(1.8L程度)、紙巻きタバコ225g(約200本)までは無税です。貨幣は、US$2500(約27万円)相当以上持ち込む場合、 税関に申告が必要です。また、猥褻物の持ち込みは厳禁! 麻薬の持ち込みは旅行者でも死刑を含む極刑に処されます。 なお、現地での空港税は不要です。
飲料水 マレーシアの水道水は、そのままでは飲み水として適していません。有料のミネラルウォーターを飲用したほうが無難です。 宿の部屋に置いてあるポットには、通常、水道水の水なので注意!  必ず沸騰してから飲みましょう。屋台やレストランで出される水や氷は、基本的には沸騰した水を使っています。 しかし、衛生管理の悪い店や、胃腸の弱い方は有料のミネラルウォーターがお勧め!
飲酒について イスラム教国とは言うものの、観光客に飲酒の制限は特にありません。街のスーパーマーケットなどで お酒やビールを購入できます。日系のデパートでは日本のお酒も置いてあります。 マレー系の屋台・レストランには、お酒は置いてありません。 食事をしながらお酒を飲みたい場合は、中国系の屋台やレストランへGO!
チップについて マレーシアではチップの習慣はありません。基本的にチップは不要です、ただ観光地ではチップの習慣も見受けられます。 チップはあくまで気持ちの問題なので、心地よいサービスを受けたと感じたなら、 チップを渡しましょう。
なお、ホテルやレストランで、サービスチャージ10%が料金に含まれている場合は、チップは不要です。
電圧と電源プラグ 電圧は220V、周波数は50Hzです。コンセントは3つ穴のBFタイプが多く、 電源プラグ/コンセントの形状は、BFタイプ(四角形の穴が3つ)が主流です。 そのため、日本の電化製品を使用する場合は、変換プラグと変圧機能付電化製品が必要です。
変圧器の貸し出しサービスを行っているホテルもあります。持参しない場合は、フロントやビジネスセンターで尋ねてみましょう。
海外用電源プラグBFタイプ
ビデオ方式 テレビやビデオはPAL方式です。日本やアメリカが採用しているNTSC方式とは異なるため、一般的な日本国内のビデオデッキやDVDプレーヤーでは再生はできません。
DVD方式 マレーシアのリージュンコードは「3」です。一方、日本のリージュンコードは「2」です。 そのため、「Allcode」と明記されているDVDでない限り、日本では見ることができません。
ビジネスアワー 【公共機関】月~木曜8:00~12:45/14:00~16:15、金曜8:00~12:15/14:45~16:15、土曜8:00~12:45、日曜・祝日はお休みです。
但し、マレー半島東海岸の州では金曜日が休日となるところも多くあります。
【銀行】月~金曜9:30~15:00、土曜9:30~11:30、日曜・祝日は休みです。
【商店】9:00~18:00頃。クアラルンプールなど都市部のショッピングセンターでは、~21:00、~22:00までオープンしているところもあります。日曜は休日です。
※金曜日はイスラム教徒が長いお祈りをするため、政府・官公庁のオフィスでは2時間のランチタイムがあります。企業も、長めのランチタイムを取ったり、イスラム教徒の経営する飲食店は、シャッターを閉めたりします。
郵便 日本へのエアメールは、ハガキRM0.50。封書は20gまでがRM1.40で、10gごとにRM0.35が加算される仕組みです。 投函して5~10日ほどで日本へ届くはずです。

マレーシア基本旅行情報 目次

マレーシアの概要・基礎情報
マレーシアの面積、人口、民族、宗教、国歌など、マレーシアの概要、基礎情報。
マレーシア旅行の基本情報
ビザ、パスポート、公共マナー、ビジネスアワー、電圧、電源プラグなど、マレーシアを旅行する上での基本情報。
旅行情報の収集
マレーシア旅行・観光情報収集ノウハウ、リンク集
マレーシアの休日・祝日・祭日
2017年版マレーシアの休日・祝日・祭日