2021年・2022年ミャンマーの祝日/祭日/休日カレンダー

ミャンマーの暦、祝日/休日について

ミャンマーの祭りの多くは仏教に関連したもので、10月から4月の乾季に集中しています。

ミャンマーには、1週間が8日という独特のビルマ暦があります。この暦は宗教に深く関連しており、生まれた日のビルマ暦は非常に重要視されます。

なお、ミャンマーでは従来、祝日と土・日曜が重なっても振替休日制はありませんでしたが、2020年から祝日の振替休日制度が採用されています。

2021年ミャンマーの祝日/休日カレンダー

2021年1月1日(金)新年元旦 / New Year Day
一般的な新暦(西暦)の元旦です。
2021年1月4日(月)独立記念日 / Lut lat yay nei / Independence Day
1948年にイギリス連邦を離脱してビルマ連邦として独立したことを記念する国の祝日です。
2021年1月13日(水)カイン正月 / Kayin New Year’s Day
カイン族の新年を祝う日です。国の祝日となっています。
2021年2月12日(金)連邦記念日 / Pyidaungzu nei / Union Day
1947年2月12日、ミャンマーの各民族間のパンロン合意を記念する祝日です。
2021年3月2日(火)農民の日 / Taungthu le thama nei / Peasants Day
農業・農民を敬う祝日です。
2021年3月27日(土)タバウンの満月祭 / Dabaung la pyei nei / Dabaung Full Moon Day
3月の満月の日にパゴダを作るお祭りです。毎年、日付が変わります。
2021年は3月27日(土)のため、前日の3月26日(金)が振替休日となります。
2021年3月27日(土)国軍記念日 / Tatmadaw nei / Armed Forced Day
1945年3月27日にアウンサンが指揮するビルマ国軍が日本と日本の指導下にあったビルマ国政府に対して蜂起したことを記念する祝日です。
2021年は3月27日(土)のため、翌々日の3月29日(月)が振替休日となります。土・日曜を含めて4連休となります。
2021年4月13日(火)~16日(金)水かけ祭り / Thingyan Water Festival
ミャンマーのお正月休暇は、ミャンマーの水掛け祭り(Thingya / Water Festival)としてお祝いします。
2021年4月17日(土)ミャンマー新年 / Myanmar New Year
ミャンマーの新年元旦は4月17日(土)です。
2021年は土曜のため、翌々日の4月19日(月)が振替休日となります。水かけ祭りが始まる4月13日(火)から、土・日曜を含めて7連休となります。
2021年5月1日(土)メーデー / A louk thama nei / May Day(Labour Day )
5月1日は、世界各地で春の訪れを祝う行事や労働者の祭典がありますが、ミャンマーでも国の祝日です。
2021年は土曜のため、前日の4月30日(金)が振替休日となります。土・日曜を含めて3連休となります。
2021年5月23日(金)カソン月の満月 / Kason la pyei Boda nei / Kasone Full Moon Day
仏陀の誕生・入滅・悟りを祝う祝日です。菩提樹に水をかける習慣があります。仏誕節。毎年、日付が変わります。
2021年7月19日(月)殉職者の日 / Azani nei / Martyrs Day
「ミャンマー建国の父」と呼ばれるアウン・サン将軍が1947年7月19日に殺されたことを悼む、国の祝日です。
2021年は土・日曜を含めて3連休となります。
※2021年7月20日(火)・21日(水)メッカ巡礼祭(犠牲祭)/ Eid Al-Adha
イスラム教で定められた宗教的な祝日です。イスラム世界ではイード・アル=アドハー / Eid AlAdhaと呼ばれ、ヒジュラ暦の12月10日からメッカに向かって歩く巡礼の最終日に当たります。日本では犠牲祭とも呼ばれています。ヒジュラ暦のため、毎年、日にちが異なります。
※イスラム世界では7月20日(火)・21日(水)にあたりますが、ミャンマーでは直前に日付が発表されます。
2021年7月23日(金)ワーゾォ月の満月 / Waso la pyei nei / Waso Full Moon Day
ワーゾォ祭(雨安居入り/仏教徒受難節始日)とも呼ばれ、仏陀が悟りを開いた後、最初に説法をした日です。仏陀に花や蝋燭をささげ僧に僧衣を寄進します。
2021年は土・日曜を含めて3連休となります。
2021年10月19日(火)~21日(木)ダディンジュ月の満月 / Thadingyut/ Thadingyut Full Moon Day
安居明け火祭り。10月の満月の日に仏陀が天上界での説教を終えて地上に戻ってくることを祝うお祭りです。蝋燭を灯し、小さな提灯を川に浮かべ、仏陀をお迎えします。ディンジュッ祭(灯火祭り)、仏教徒受難節終日とも呼ばれます。
2021年は10月20日(水)が満月の日。3連休となります。
※2021年11月4日(木)ディーパバリ(光の祭典) / Deepavali
ヒンズー教最大の祭日で、悪=暗黒に対する善=光の勝利を祝う宗教的なお祭りです。
※ヒンドゥーの暦では、2021年は11月4日(日)に当たりますが、ミャンマーでは直前に日にちが発表されます。
2021年11月17日(水)・18日(木)ダザウンモン月の満月 / Tazaungmone / Tazaungmone Full Moon Day
寺院で僧侶に僧衣や傘などを寄進する日です。
2021年は11月18日(木)が満月の日です。
2021年11月28日(日)国民の日(ナショナル・デー) / National Day
国民の日。
2021年は日曜に当たるため、翌日の11月29日(月)が振替休日となります。土・日曜を含めて3連休となります。
2021年12月25日(土)クリスマス / Hkarissamat nei / Chiristmas Day
クリスマス。
2021年は土曜に当たるため、前日の12月24日(金)が振替休日となります。土・日曜を含めて3連休となります。
2021年12月31日(金)年末休暇 / International New Year Holiday
大晦日は年末休暇となります。

2022年ミャンマーの祝日/休日カレンダー

2022年1月1日(土)新年元旦 / New Year Day
一般的な新暦(西暦)の元旦です。
2022年1月2日(日)・3日(月)カイン正月 / Kayin New Year’s Day
カイン族の新年を祝う日です。国の祝日となっています。
2022年1月4日(火)独立記念日 / Lut lat yay nei / Independence Day
1948年にイギリス連邦を離脱してビルマ連邦として独立したことを記念する国の祝日です。
2022年2月12日(土)連邦記念日 / Pyidaungzu nei / Union Day
ビルマ(現ミャンマー)がイギリスから独立する前年の1947年2月12日に、シャン州のパンロンで開かれた会議を記念する祝日です。独立運動の指導者アウン=サンと少数民族の代表らが会談し、少数民族の自治権を認め、ビルマ族との連邦国家として独立することに合意した「パンロン合意」として知られています。
2022年3月2日(水)農民の日 / Taungthu le thama nei / Peasants Day
農業・農民に感謝し、敬う祝日です。
2022年3月2日(水)タバウンの満月祭 / Dabaung la pyei nei / Dabaung Full Moon Day
3月の満月の日にパゴダを作るお祭りです。毎年、日付が変わります。
2022年3月27日(日)国軍記念日 / Tatmadaw nei / Armed Forced Day
1945年3月27日にアウンサンが指揮するビルマ国軍が日本と日本の指導下にあったビルマ国政府に対して蜂起したことを記念する祝日です。
2022年4月13日(水)~16日(土)水かけ祭り / Thingyan Water Festival
ミャンマーのお正月休暇は、ミャンマーの水掛け祭り(Thingya / Water Festival)としてお祝いします。
2022年4月17日(日)ミャンマー新年 / Myanmar New Year
4月17日(日)がミャンマーの新年元旦に当たります。
2022年5月1日(日)メーデー / A louk thama nei / May Day(Labour Day )
5月1日は、世界各地で春の訪れを祝う行事や労働者の祭典がありますが、ミャンマーでも国の祝日となっています。
2022年5月16日(月)カソン月の満月 / Kason la pyei Boda nei / Kasone Full Moon Day
仏陀の誕生・入滅・悟りを祝う祝日です。菩提樹に水をかける習慣があります。仏誕節。毎年、日付が変わります。
2022年7月13日(水)ワーゾォ月の満月 / Waso la pyei nei / Waso Full Moon Day
ワーゾォ祭(雨安居入り/仏教徒受難節始日)とも呼ばれ、仏陀が悟りを開いた後、最初に説法をした日です。仏陀に花や蝋燭をささげ僧に僧衣を寄進します。
2022年7月19日(火)殉職者の日 / Azani nei / Martyrs Day
「ミャンマー建国の父」と呼ばれるアウン・サン将軍が1947年7月19日に殺されたことを悼む国の祝日です。
2022年10月9日(日)~11日(火)ダディンジュ月の満月 / Thadingyut/ Thadingyut Full Moon Day
安居明け火祭り。10月の満月の日に仏陀が天上界での説教を終えて地上に戻ってくることを祝うお祭りです。蝋燭を灯し、小さな提灯を川に浮かべ、仏陀をお迎えします。ディンジュッ祭(灯火祭り)、仏教徒受難節終日とも呼ばれます。
2022年は10月10日(月)が満月の日です。
2022年10月24日(月)ディーパバリ(光の祭典) / Deepavali
ヒンズー教最大の祭日で、悪=暗黒に対する善=光の勝利を祝う宗教的なお祭りです。
※ヒンドゥーの暦では、2022年は10月24日(月)に当たりますが、ミャンマーでは直前に日にちが発表されます。
2022年11月8日(火)・9日(水)ダザウンモン月の満月 / Tazaungmone / Tazaungmone Full Moon Day
寺院で僧侶に僧衣や傘などを寄進する日です。
2022年は11月18日(火)が満月の日です。
2022年11月28日(金)国民の日(ナショナル・デー) / National Day
国民の日。
2022年12月25日(日)クリスマス / Hkarissamat nei / Chiristmas Day
クリスマス。
2022年12月31日(土)年末休暇 / International New Year Holiday
大晦日は年末休暇となります。

ミャンマーへのアクセス情報 インデックス

ミャンマー旅行情報

ミャンマーの基本情報
ビザ、パスポート、公共マナー、ビジネスアワー、電圧、電源プラグなど、 ミャンマーを旅行する上での基本情報。
ビザ(査証)情報
ミャンマー入国に必要なビザの申請方法について。
ミャンマーの休日・祝日・祭日
ミャンマーの休日・祝日・祭日カレンダー
日本⇔ミャンマー 直行便フライト時刻表
成田国際空港⇒ヤンゴン国際空港 直行便フライトスケジュール

ミャンマー関連の公的機関・組織・団体

駐日ミャンマー大使館/領事館
駐日ミャンマー大使館、在神戸ミャンマー連邦名誉領事館、 ミャンマー西日本ビザセンター、アクセス地図。
在ミャンマー日本大使館/領事館
在ミャンマー日本大使館、アクセス地図。