ミャンマーの基礎情報

ミャンマーの基本知識

正式名称 ミャンマー連邦共和国
Republic of the Union of Myanmar
主都 ネピドー / Naypyidaw。2006年10月にヤンゴンより遷都
面積 676,578km2。日本の約1.8倍の広さです。
人口 6242万人(2011年IMF推計値)
民族構成 ビルマ族が68%、シャン族が9%、カレン族が7%。他、ラカイン族、モン族、カチン族、 カヤー族などの少数民族がいます。
宗教 国民の約90%が上座部仏教、キリスト教徒が約5%、イスラム教が4%、 その他、ヒンドゥー教など。
言語 ビルマ語が公用語です。 英語も、初等教育から必須科目となっているため、英語も比較的、広く通じます。
国歌 我、ミャンマーを愛さん
時差 グリニッジ標準時+6.5時間で、 日本との時差は、-2時間30分あります。日本が午前9時、ミャンマーの午前6時30分です。
なお、ミャンマーではサマータイムは導入されていません。

ミャンマー旅行基本情報

ビザとパスポート 【ビザ】入国に際して、渡航目的のビザが必要です。観光ビザの場合、滞在が可能な最大日数28日以内です。
詳細はビザ(査証)ページを参照。
【パスポート】パスポートの有効残存期間が6ヵ月以上あること。
※ビザ・パスポート等の情報は、予告なく変更されることがあります。 必ず大使館、領事館、旅行会社でご確認ください。
入出国 【税関】免税となるのは、普通サイズ(0.72L)のワイン2本、酒類1.5L以内、少量の香水、US$250以下のみやげ物。 また、骨董品、猥褻出版物、インドおよびパキスタン通貨の持ち込みは厳禁です。
電圧と電源プラグ 電圧は230~240V、周波数は50Hzです。
電源プラグは、B、B3、そして、一部、BFタイプのものが使われています。
日本の電化製品を使用するときには、海外用の電圧切替機能が付いたもの以外、変圧器が必要です。
カシムラ 海外用変換プラグ Bタイプ カシムラ 海外用変換プラグ B3タイプ カシムラ 海外用変換プラグ BFタイプ
海外用変換プラグ Bタイプ
海外用変換プラグ B3タイプ
海外用変換プラグ BFタイプ
ビデオ方式/DVD方式< ミャンマーのテレビ、ビデオの出力方式は日本と同じNTSC方式ですが、 DVDのリージョンコードは「3」です。日本のリージョンコードは「2」のため、 そのままでは再生できません。
飲み水 生水は絶対に飲まないこと。街中で、ボトル入り飲料水を手軽に購入できます。
通貨/貨幣 ミャンマーの通貨単位はチャット。
紙幣は1、5、10、15、20、45、50、90、100、200、500、1000チャットの12種類あります。
硬貨は1、5、25、100チャットの各硬貨があります。
マナー 【喫煙】2006年から公共の場での喫煙が禁止となっています。違反すると、罰金をとられる場合もあります。
【その他】仏教遺跡などの観光の際には、いろいろと注意事項があるため、要注意です。
郵便 【郵便局の営業時間】通常、月~金曜8:30~16:00、土曜9:00~12:00、日曜・祝日は休みが目安(局によって異なります)。

ミャンマーへのアクセス情報 インデックス

ミャンマー旅行情報

ミャンマーの基本情報
ビザ、パスポート、公共マナー、ビジネスアワー、電圧、電源プラグなど、 ミャンマーを旅行する上での基本情報。
ビザ(査証)情報
ミャンマー入国に必要なビザの申請方法について。
ミャンマーの休日・祝日・祭日
2017年ミャンマーの休日・祝日・祭日
日本⇔ミャンマー 直行便フライト時刻表
成田国際空港⇒ヤンゴン国際空港 直行便フライトスケジュール

ミャンマー関連の公的機関・組織・団体

駐日ミャンマー大使館/領事館
駐日ミャンマー大使館、在神戸ミャンマー連邦名誉領事館、 ミャンマー西日本ビザセンター、アクセス地図。
在ミャンマー日本大使館/領事館
在ミャンマー日本大使館、アクセス地図。