コロナウィルス感染拡大によるスリランカ入国制限と入国後の行動制限

Covid-19

スリランカへの入国制限と入国後の行動制限

2021年1月16日から観光目的の入国者に対して電子査証(ETA)の発給を再開しています。観光査証以外の査証は、引き続き発給を一時的に停止するとともに、未入国の外国人に発給済のETA、入国査証、上陸許可、数次査証及び滞在査証を含む全ての査証の効力を一時的に停止。

スリランカ航空局は2020年3月19日午前4時(現地時間)より、スリランカ国内全ての国際空港で入国停止措置を取っていましたが、2021年1月21日より、バンダラナイケ国際空港(コロンボ)及びマッタラ・ラージャパクサ国際空港(マッタラ)への商用便の受入れを再開しています。それ以外のスリランカ国内の国際空港に到着する商用便の受入れは引き続き停止。

スリランカ入国の条件

スリランカ入国条件・行動制限は非常に複雑です。現地当局の通知本文等を必ず御確認下さい。

参照:スリランカ保健省通知(英語)(PDFファイル、2021年10月25日発表)

※これらの通知、又はそれに基づく運用は今後変更される可能性があります。スリランカへの(再)入国を検討する際は、最新情報を御確認ください。

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は日々刻々と変化しています。日本外務省の公式サイトに、世界各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況、日本を含む感染確認国・地域からの入国・入域制限が行われている国・地域のリストが随時、更新されています。
また、在スリランカ日本国大使館の公式サイト等でも最新情報をご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました