イベント・ニュース・旅行情報

インドへの入国制限と入国後の行動制限

新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。
また、旅行需要の低下から、各航空会社のフライトが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトなどでご確認下さい。

インドに入国する全ての渡航者は、渡航前に過去14 日間の旅行歴及び自己申告書をポータルサイトIndira Gandhi International Airportにてオンラインで提出し、出発前72時間以内に実施されたPCR 検査の陰性証明書の電子データ、または印刷したものを空港到着時に提示する必要があります。

※ワクチン接種証明書の相互承認国(約140か国、2022年8月8日時点で日本も承認)からの訪問者については、PCR検査陰性証明書に代えてワクチン接種証明書の電子データ又は印刷したものを空港到着時に提示することも可能です。

また、インド到着時に無作為に選ばれた到着客の2%に対しPCR検査を実施し、陽性の場合、検体検査を行うとともにプロトコルに沿った治療を行う必要がありあます。到着時検査が陰性、または到着時検査対象にならなかった旅客は、14日間のセルフモニタリングを行う必要があります。

※詳細な情報は、在インド日本国大使館の新型コロナウイルスに関する情報を参照。

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は日々刻々と変化しています。日本外務省の公式サイトに、世界各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況、日本を含む感染確認国・地域からの入国・入域制限が行われている国・地域のリストが随時、更新されています。
また、在インド日本国大使館の公式サイト等でも最新情報をご確認下さい。

インド・アクセス更新情報