ミャンマーへのフライト情報


新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の対応

新型コロナウイルス感染拡大による旅行需要の低下から、各航空会社のフライトが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトでご確認下さい。

全日本空輸(ANA) 国際線の運休・特別対応

全日本空輸の国内線・国際線路線・便数計画の変更や入国制限については、以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 お知らせ – ANA

航空券の払い戻し(特別対応)と搭乗日の変更(特別対応)については、以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 新型コロナウィルスによる肺炎の発生に伴う国際航空券の特別対応について – ANA

日本 – ミャンマー間 直行便フライトについて

従来、日本から空路でミャンマーに入国するには、北京、ソウル、バンコク、ハノイ、ホーチミン、シンガポール、クアラルンプールなどを経由するしか方法がありませんでした。

2012年10月15日より全日空(ANA)が成田国際空港からヤンゴン空港へ直行便を就航しています。東京・成田からダイレクトでミャンマーに飛ぶことができるようになっています。

2013年9月30日からはデイリー運航へと増便。使用機材もボーイング737-700ERからボーイング767-300ER(ビジネス35席、エコノミー167席)へと大型化しています。

日本⇔ミャンマー間 国際線 乗り継ぎ便

ミャンマーに飛行機で訪れるには、直行便の他、タイのバンコク、ベトナムのハノイ、ホーチミン市、韓国のソウル(インチョン)、マレーシアのクアラルンプール等、アジア各地の都市を経由してミャンマーに飛ぶアクセス方法があります。

東京発の場合は、タイのバンコクを経由する便がおすすめです。ことに格安航空会社が発着するドンムアン空港からは、格安料金でミャンマーに飛ぶことができます。乗り継ぎもスムースで待ち時間は長くありません。

大阪発の場合は、格安航空会社を利用してベトナムのハノイを経由することで、ミャンマーに格安で飛ぶことができます。乗り継ぎの待ち時間も長くありません。

名古屋発の場合は、東京発と同じくタイのドンムアン空港を経由すると格安で行くことができます。

福岡発の場合は、韓国のソウル(インチョン)を経由すると、約10時間でヤンゴンに飛ぶことができます。またタイのスワンナプーム空港経由もオススメです。

札幌発の場合は、東京(成田)、あるいは韓国のソウル(インチョン)を経由するアクセス方法が、一番安くなるはずです。

東京(成田)⇔ヤンゴン間フライト情報

ミャンマーへのフライト情報

東京(成田)- ヤンゴン間 直行便 発着ダイヤ / スケジュール

東京(成田)-ミャンマー間 直行便フライト・スケジュール情報・時刻表 / 2021年10月31日(日)~2022年3月26日(土)冬期ダイヤ。
2021.11.09
アジアンをフォローする
タイトルとURLをコピーしました