コロナウィルス感染拡大によるタイ王国入国制限と入国後の行動制限

Covid-19
新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。
また、旅行需要の低下から、各航空会社のフライトが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトなどでご確認下さい。

新型コロナウイルス感染拡大に伴うタイ王国入国規制・制限と入国後の制限

タイ政府は、国籍を問わず全てのタイプのビザ申請の受付を開始しています。ただし、オンアライバル・ビザでの入国は一部の国を除き不可(日本国籍も対象外)。

タイ政府は2022年6月1日よりワクチン接種状況によらず、全ての渡航者に対してタイ入国後の隔離措置を廃止しています。

タイ国籍を有しない方(タイ国籍者の18歳未満の子供でタイパスポートを所持していない方を含む)は2022年6月1日以降も継続してタイランドパス申請が必要です。タイ入国後の隔離措置及びRT-PCR検査または抗原検査 (ATK) が免除となります。ただし、発熱症状等がある場合やタイ疾病管理局より検査が必要と判断された場合は、RT-PCR検査または抗原検査を実施して頂く可能性があります。なお、各航空会社の新型コロナウィルス RT-PCR 検査要件が異なる場合がありますので、ご利用の航空会社に直接ご確認下さい。

Thailand Pass 申請システムに登録後、QRコードが発行されます。チェックインカウンターでの搭乗手続き時、及びタイ到着時の入国手続き時にご提示下さい。
Thailand Pass

※2022年7月1日以降にタイに入国する場合、タイランドパス(Thailand Pass)は不要となります。また、外国人旅行者に加入が義務付けられているコロナ治療費を含む医療保険も7月1日より不要となります。

※詳細は以下の駐日タイ大使館、在タイ日本大使館公式サイト、及び在東京タイ王国大使館公式サイトをご確認ください。

新型コロナウイルスに関するお知らせ(タイ入国のための「Thailand Pass」の6月1日以降の運用方針の変更について)
2022年6月1日以降にタイ渡航予定のタイ国籍を有しない方 の入国手順

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は日々刻々と変化しています。日本外務省の公式サイトに、世界各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況、日本を含む感染確認国・地域からの入国・入域制限が行われている国・地域のリストが随時、更新されています。
また、駐日タイ大使館、在タイ日本国大使館の公式サイト等で最新情報ご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました