コロナウィルス感染拡大によるタイ王国入国制限と入国後の行動制限

Covid-19
新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。
また、旅行需要の低下から、各航空会社のフライトが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトなどでご確認下さい。

新型コロナウイルス感染拡大に伴うタイ王国入国規制・制限と入国後の制限

タイ政府は、国籍を問わず全てのタイプのビザ申請の受付を開始しています。ただし、オンアライバル・ビザでの入国は一部の国を除き不可(日本国籍も対象外)。

タイ政府は2022年10月1日以降、タイ入国規制等を緩和しています。具体的には、1)タイ入国時のワクチン接種証明書、又は陰性証明書の提示は不要。2)日本を含むビザ免除国/地域からの渡航者の滞在可能期間を30日から45日に延長(2023年3月末までの措置)しています。

タイ国内における感染対策も以下のように緩和されています。

  1. マスク着用は混雑した場所や換気の悪い場所において推奨されるが、義務ではなくなる(注:大使館から公共交通機関(電車・バス)運行会社に確認したところ、乗車時のマスク着用は義務ではなくなるものの、マスク着用の協力をお願いするとのことです)。
  2. 新型コロナ感染者のうち、軽症又は無症状の人は自己隔離不要で外出可能。ただし、5日間はDMHT対策(Distancing:距離の確保、Mask Wearing:マスク着用、Hand Washing:手洗い、Testing:検査(症状が表れた場合))が推奨される。
  3. 高齢者や特定の疾患を有する高リスクの感染者は、10日間、自身による健康観察(5日目と10日目にATKによる検査)が推奨される。
  4. 企業・団体は、定期的に従業員を観察することが推奨される(感染者数が大きく増加する場合は、直ちに関係当局に報告)。
  5. 引き続きワクチン接種は推奨される。

また、タイ全国を対象に2020年3月以降適用されてきた非常事態宣言は、2022年9月30日を以て解除。新型コロナ対策本部(CCSA)を解散し、2022年10月1日(土)からは、保健省が感染症法に基づき必要な対策を講じる、としています。

※詳細は以下の駐日タイ大使館、在タイ日本大使館公式サイト、及び在東京タイ王国大使館公式サイトをご確認ください。

参照 大使館からのお知らせ(10月1日(土)からのタイ入国規制等の緩和について) – 在タイ日本国大使館

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は日々刻々と変化しています。日本外務省の公式サイトに、世界各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況、日本を含む感染確認国・地域からの入国・入域制限が行われている国・地域のリストが随時、更新されています。
また、駐日タイ大使館、在タイ日本国大使館の公式サイト等で最新情報ご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました