コロナウィルス感染拡大によるタイ王国入国制限と入国後の行動制限

Covid-19
新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。
また、旅行需要の低下から、各航空会社のフライトが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトなどでご確認下さい。

新型コロナウイルス感染拡大に伴うタイ王国入国規制・制限と入国後の制限

タイ政府は、国籍を問わず全てのタイプのビザ申請の受付を開始しています。ただし、オンアライバル・ビザでの入国は一部の国を除き不可(日本国籍も対象外)。

タイ政府は2022年7月1日以降、外国人を含め、タイ入国前の事前許可申請システム「Thailand Pass」を撤廃しています。新たな入国措置の概要は以下のとおり。

タイ政府認定ワクチンを渡航日の14日前までに規定回数接種した証明書の提示が必要となります。
※タイ政府認可のワクチンと規定回数 タイ入国に際して、タイ政府保健省が認可したワクチンと規定回数

タイ政府認定ワクチンを規定回数接種した証明書を持っていない場合は、タイ入国時に渡航前72時間以内に受検したRT-PCR検査、又は病院等の専門機関が実施する抗原検査の陰性証明書の提示が必要(自身による抗原検査の実施は不可)。

※タイ入国後、渡航者自身が準備した抗原検査キットで自己検査を実施することが推奨されています。自己検査で陽性が確認された場合は、タイ保健省が定める病院において再度検査、及び治療を受けることになります。

※詳細は以下の駐日タイ大使館、在タイ日本大使館公式サイト、及び在東京タイ王国大使館公式サイトをご確認ください。

参照 新型コロナウイルスに関するお知らせ(タイ入国のための「Thailand Pass」の7月1日以降の撤廃について) – 在タイ日本国大使館

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は日々刻々と変化しています。日本外務省の公式サイトに、世界各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況、日本を含む感染確認国・地域からの入国・入域制限が行われている国・地域のリストが随時、更新されています。
また、駐日タイ大使館、在タイ日本国大使館の公式サイト等で最新情報ご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました