コロナウィルス感染拡大によるカンボジア入国制限と入国後の行動制限

査免対象国(日本は含まれない)の国民を除く全ての外国人渡航者に対して、到着査証の発給を当面停止する。入国を希望する場合、海外のカンボジア大使館・総領事館等で、事前に査証を取得しなくてはならない。 Covid-19

カンボジアへの入国制限と入国後の行動制限

2020年3月31日から、カンボジア政府は全ての外国人渡航者に対し、ビザ(査証)免除、観光ビザ、e-visa及びアライバル(到着)ビザの発給を停止しています。
入国を希望する場合、海外のカンボジア大使館・総領事館等で、事前にビザ(査証)を取得する必要があります(アライバル・ビザは発行停止)。

カンボジア当局からの指示により、国籍にかかわらず全てのカンボジア入国者は、出発72時間以内に公的医療機関にて発行されたCOVID-19(PCR鼻咽頭スワブ検査)の陰性証明書(英語表記かつ医師の署名がある原本)が必要となります。

全ての入国者は出発72時間以内(シンガポール経由便の場合は48時間以内)に居住国の保健機関・当局などから発行された新型コロナウイルスの陰性証明書が必須となります。

入国時には、2,000USドルのデポジット支払い(デポジットは隔離期間の宿泊費、新型コロナウイルス感染検査、移動費に充当され、隔離期間終了後3日以内に残金が返金)が必要とされます。

また、入国時にCOVID保険(90USドル、20日間有効)の証書の提示が求められます。

カンボジア入国後は、保健省が指定するホテルにて14日間の隔離。隔離されるホテルは入国時の状況次第で検疫・入管当局により決定されるため事前に把握することはできません。宿泊費はデポジットから捻出されます。

カンボジア到着時の他、感染が疑われる場合は追加的に隔離13日目に新型コロナウイルス感染検査の追加検査を受検することもあります。

※カンボジア保健省は2021年10月16日、にカンボジアへの入国制限措置を10月18日より変更する旨を発表。詳細は在カンボジア日本国大使館公式サイトの以下のページを参照。
参照:カンボジア入国時における措置(2021年10月18日更新)

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は日々刻々と変化しています。日本外務省の公式サイトに、世界各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況、日本を含む感染確認国・地域からの入国・入域制限が行われている国・地域のリストが随時、更新されています。
また、在カンボジア日本国大使館の公式サイト等でも最新情報ご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました