2018年カンボジアの祝日/祭日/休日

<

カンボジアの祝日/休日について

カンボジアでは、土・日は官公庁、金融関係、大中小のオフィスはお休みとなります。

祝日が土曜日、あるいは日曜日に重なった場合、次の平日が振替休日となります。

2018年カンボジアの祝日/休日カレンダー

2018年1月1日(月) 元旦 / International New Year Day
新年元旦。カンボジアでは4月のクメール正月は盛大に祝いますが、新年は比較的、おとなしめです。
2018年1月7日(日) 虐殺政権からの解放の日 / Victory Over Genocide Day
ポルポト虐殺政権からの解放の日。午前7時に黙祷を捧げ、亡くなった人たちの冥福を祈ります。ポル・ポト政権下にあった約3年8カ月の間、約300万人にものぼる人々の命が亡くなったと言われています。
2018年1月31日(水) ミァック・ボーチャ祭(万仏節) / Meak Bochea Day
旧暦3月の満月の日、悟りを開いた釈迦の弟子1250名が一堂に会した日を祝う仏教の祭日です。米麺に生野菜をのせ、スープをかけて食べるノン・バンチョックなどの料理を寄進する習慣があります。
2018年2月16日(金)春節(中国暦正月) / Chinese New Year
カンボジアでは、春節(中国暦正月)は国の祝日ではありませんが、華人系も多く住む都市部では盛大に祝われます。前後して休業する企業・職場も多くあります。プノンペン市内では獅子舞なども披露されます。 2018年は2月15日(木)が旧暦の大晦日(除夕)、2月16日(金)が元旦です。
2018年3月8日(木) 国際婦人デー / Day
ドイツの社会主義者、クララ・ツェトキンが1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日として提唱。カンボジアでは「母の日」にもなっており、祝日です。
2018年4月14日(土)~16日(月) クメール(カンボジア)正月 / Khmer New Year Day
年間を通じてカンボジア最大のイベントです各家庭ではお正月の定番料理のカレーを作ります。元旦に、年の干支に乗ったデヴァター(神)が天から地上に降りてくると言われており、正月期間中はお寺に参拝し、一年の健康と幸福を祈ります。非常に多くのカンボジア人が故郷へと帰省するため、都市部はガランとします。
4月17日(火)が振替休日となります。
2018年4月29日(日) 仏誕節 / Visaka Bochea Day
お釈迦様の誕生・悟道・入滅を記念する祭日で、国の祝日となっています。
2018年5月1日(火) メーデー / May Day(Labour Day)
5月1日は、世界各地で春の訪れを祝う行事や労働者の祭典がありますが、カンボジアでも国の祝日となっています。
2018年5月3日(木) 王室始耕祭 / Royal Plowing Ceremony Day
始耕祭はカンボジアの重要な国事行事で、国王や政府高官も列席のもと、王室前の広場では耕儀式が行われます。銀器に入れた米、トウモロコシ、豆、ゴマ、草、水、酒の7種類の食べ物の前に、王室の2頭の牛を連れて行き、何を食べるかでその年の農業や社会全体の吉凶を占います。
2018年5月13日(日)~15日(火) シハモニ国王誕生日 / King Norodom Sihanoni's Birthday
ノロドム・シハモニ国王の生誕を祝う祝日です。例年、3日間の連休となります。国王の誕生日は5月14日。王宮では祝典が催されます。
5月16日(水)は振替休日となります。
2018年6月1日(金) 国際こどもの日 / International Children's Day
1925年にジュネーブの子供の福祉世界会議で制定された国際こどもの日(International Children’s Day)です。2011年からカンボジアの祝日となっています。
2018年6月18日(月) モニク前王妃誕生日 / Queen Norodom Monineath Sihanouk's Birthday
シハヌーク前国王の妃、モニク前王妃の生誕を祝う祝日です。2004年10月に即位した現在のノロドム・シハモニ国王の母親にあたり、カンボジアでは非常に尊敬と人気を集めています。
2018年9月24日(月) 憲法記念日 / Constitutional Day
1993年9月23日、制憲議会が新憲法を発布し、立憲君主制(ノロドム・シハヌークが国王に再即位)を採択した日を記念する祝日です。
2018年10月8日(月)~10月10日(水) プチュン・バン(盂蘭盆) / Pchum Ben Days
カンボジアのお盆です。クメール正月と並んでカンボジアで最も大切な行事の一つです。お盆期間は、複数の寺を周り、様々なお供え物して、先祖の供養をします。餅米の団子のお供え物を本堂に投げる「バン投げ」もあります。
クメール正月と同様、非常に多くのカンボジア人が故郷へと帰省するため、都市部はガランとします。
2018年10月15日(月) シハヌーク前国王記念日(命日) / Commemoration Day of Former King Norodom Sihanouk
2012年同日に崩御したシハヌーク前国王の冥福を祈る祝日です。
2018年10月23日(火) パリ和平協定の日 / Paris Peace Agreement
1991年10月23日にパリで人民革命党と反ベトナム三派による最終合意文章の調印に達し、約20年に及んだカンボジア内戦が終結したことを記念する祝日です。
2018年10月29日(月) シハモニ国王即位記念日 / King Norodom Sihakmoni’s Coronation Day
2004年に即位したシハモニ国王の戴冠を記念する祝日です。
2018年11月9日(金) カンボジア独立記念日 / Independent Day
1953年11月9日、フランスからカンボジアが独立したことを祝う日です。当日は、早朝から「独立記念塔」で式典が催されます。
2018年11月21日(水)~23日(金) 水祭り / Water Festival
大地に恵みの雨をもたらすことを感謝する行事です。トンレサップ湖に逆流していたメコン川の水が本流に向けて流れる時を合図に催されます。カンボジア各地でボートレースが行われますが、中でもプノンペンのボートレースは最大規模を誇り、各州の予選を勝ち抜いた選手たちがボートレースを繰り広げます。また、先祖の供養と水の神様に感謝を込めて「灯篭流し」が行われます。
2018年12月10日(月) 国際人権の日 / International Human Rights Day
1948年12月10日の第3回国際連合総会で世界人権宣言が宣言。1950年の第5回総会で、毎年12月10日を「世界人権の日」として、世界中で記念行事を行うことが決議されています。カンボジアでは国の祝日となっています。

カンボジアへのアクセス情報 インデックス

カンボジア旅行情報

カンボジアの基本情報
ビザ、パスポート、公共マナー、ビジネスアワー、電圧、電源プラグなど、カンボジアを旅行する上での基本情報。
ビザ(査証)情報
カンボジア入国に必要なビザの申請方法について。
カンボジアの休日・祝日・祭日
カンボジアの休日・祝日・祭日
日本⇔カンボジア 直行便フライト時刻表
東京(成田国際空港)⇔プノンペン(プノンペン国際空港) 直行便フライトスケジュール

カンボジア関連の公的機関・組織・団体

在日本カンボジア王国大使館/領事館
駐日カンボジア王国大使館、在大阪カンボジア王国名誉領事館、 在名古屋カンボジア王国名誉領事館、在札幌カンボジア王国名誉領事館、在福岡カンボジア王国名誉領事館、アクセス地図。
在カンボジア日本大使館/領事館
在カンボジア日本国大使館、アクセス地図。