コロナウィルス感染拡大による香港入境制限と入境後の行動制限

Covid-19

香港への入境制限と入境後の行動制限

新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。

海外から香港に入境可能な対象者は以下のとおりです。

  • ワクチン完全接種者である香港居民(香港ID所持者又は長期滞在ビザ等の有効なビザを持つ者)。
  • ワクチン完全接種者である非香港居民(香港ID又は長期滞在ビザ等の有効なビザを保有しない者(日本から観光等の目的で入境する渡航者を含む。))。
  • ※ワクチン完全接種者とは、定められた回数のワクチンを終え、かつ最終接種日から14日経過した者を指します。

香港域外でワクチン接種をした場合に接種済みと認められるワクチンは以下のページを参照。
List of COVID-19 Vaccines Recognised for Specified Purposes

香港向け航空機の搭乗に当たり、離陸予定時刻から48時間以内に取得したPCR検査陰性証明書及び香港の指定検疫ホテルにおける宿泊予約確認書(7泊以上)の提示が必要。入境前のPCR検査は、3歳未満の子供及び香港国際空港で乗継ぎを行う渡航者は不要。

また、指定検疫ホテルに滞在中、指定検疫ホテルにおいて、迅速抗原検査を毎日実施し、5日目にPCR検査を受け、6日目及び7日目に迅速抗原検査の結果が陰性であれば、7日目にホテルを出ることができます(香港国際空港において入境時に手交される検疫命令においては、現行のとおり義務的検疫期間は14日間と表示)。その後7日間自己観察(1日2回の検温等。外出可)を行い、9日目及び12日目は地区検査センター等においてPCR検査を受検。

仮に上記の検査結果が陰性だとしても、さらにホテルに7日目以降も滞在することにした場合には8日目以降にも外出不可で、12日目にホテルでPCR検査を受け、かつ14日目の迅速抗原検査が陰性であれば14日目にホテルを出ることができます。

空港での検査又は義務的検疫期間中、陽性になった場合、隔離施設に移送となり、隔離命令を受ける。この場合の隔離解除基準は現在域内で実施中のものを適用、よって隔離6日目、7日目に迅速抗原検査で陰性となれば隔離解除となります。

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は日々刻々と変化しています。日本外務省の公式サイトに、世界各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況、日本を含む感染確認国・地域からの入国・入域制限が行われている国・地域のリストが随時、更新されています。
また、在香港日本国総領事館の公式サイト内の「新型コロナウイルス感染症Q&A」や「出入国の諸手続きについて」、あるいは香港政府観光局の公式サイトに詳細な情報が掲載されています。

タイトルとURLをコピーしました