コロナウィルス感染拡大によるインドネシア入国制限と入国後の行動制限

Covid-19

インドネシアへの入国制限と入国後の行動制限

観光または商用(商談、商品購入、および会議)が入国目的の場合、インドネシア到着後に空港等でビザ・オン・アライバル(VOA)を取得してインドネシアに入国することができます。到着前にオンラインでVOAを申請・取得できるe-VOAも運用されています。

その他の目的で入国する場合、事前に査証を取得する必要があります。APECビジネストラベルカード(ABTC)をお持ちの方は、同カードにより入国が可能です。

外国人がインドネシアに入国するには、原則2回分のワクチン接種証明書(出発の14日以上前に必要回数(通常は2回)の接種完了を示すもの)の提示と、アプリ「PeduliLindungi」のダウンロードが必要です。なお、PCR検査の陰性証明書は不要です。

インドネシア入国後のPCR検査や抗原検査、隔離や自主待機措置は行われていません。入国後の国内移動も可能です。

詳細は、新型コロナウイルスに関する「よくある御質問(FAQ)」 – 在インドネシア日本国大使館を参照。

入国ポイント:空港

  • スカルノ・ハッタ空港(ジャカルタ)
  • ジュアンダ空港(スラバヤ)
  • ングラ・ライ空港(バリ島)
  • ハン・ナディム空港(リアウ州バタム島)
  • ラジャ・ハジ・フィサビリラ空港(リアウ州ビンタン島)
  • サム・ラトゥランギ空港(北スラウェシ州マナド)
  • ザイヌディン・アブドゥル・マジッド空港(ロンボク島)
  • クアラナム空港(北スマトラ州)
  • スルタン・ハサヌディン空港(南スラウェシ)
  • ジョグジャカルタ空港(ジョグジャカルタ特別州)

入国ポイント:港湾

  • タンジュン・ブノア港(バリ島)
  • バタム港(リアウ州バタム島)
  • タンジュン・ピナン港(リアウ州ビンタン島)
  • ビンタン港(リアウ州ビンタン島)
  • ヌヌカン港(北カリマンタン州)
  • アンジュン・バライ・カリムン港(カリムン島)
  • ドゥマイ港(リアウ州)

入国ポイント:陸上国境

  • アルック(西カリマンタン州)
  • エンティコン(西カリマンタン州
  • モタアイン(東ヌサトゥンガラ州)

インドネシア入国時にワクチン接種証明書の提示が求められます。

証明書の要件は、2回以上ワクチンを接種している場合や、健康上の理由で未接種であるとの国立病院発行の診断書を携行する場合は入国後の隔離はありません。

入国後のPCR検査はありません。ただし、到着後の検温等健康確認において新型コロナ関連の症状や発熱が認められた場合はPCR検査を行われます(外国人については、費用は自己負担)。

入国後は自宅、またはホテルで待機し、PCR検査結果が陰性であれば、活動が可能となります。

ワクチン接種証明書について

出発の14日以上前に必要とされる回数(ワクチンの種類によって異なり、通常2回)の新型コロナウイルス・ワクチンの接種が完了したことを示す証明書、またはカードを書面、あるいはデジタルのいずれかで提示すること。

日本の政府・市区町村が発行したワクチン接種証明書は、インドネシア入国に際して有効。それ以外の証明書の有効性は不明。

健康上等の理由によりワクチン接種ができない者は、医師の診断書(英文・様式自由)の提示が必要です。

※インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省、および在インドネシア日本国大使館の新型コロナウイルスに関する「よくある御質問(FAQ)」ページに詳細が掲載されています。

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は日々刻々と変化しています。日本外務省の公式サイトに、世界各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況、日本を含む感染確認国・地域からの入国・入域制限が行われている国・地域のリストが随時、更新されています。
また、在インドネシア日本国大使館の公式サイト等でも最新情報ご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました