韓国の気候

韓国の気候

韓国の気候は、日本の本州北部から中部にかけての気候とほぼ同じイメージすればいいでしょう。さらに言えば、一般的に日本の気候に寒暖の差を激しくしたもの、といった感じです。日本から韓国に旅行する場合は、日本を出るときと同じ服装で過ごすことができます

韓国は地理的に中緯度温暖性気候帯に位置しており、春・夏・秋・冬の四季がはっきりとあります。冬は寒冷乾燥した大陸性高気圧の影響を受け、寒くて乾燥する一方、夏は高温多湿の北太平洋高気圧の影響で蒸し暑い日が続きます。 春と秋は、移動性高気圧の影響で、乾燥した晴れの日が多いことが特徴です。

梅雨もあります。だいたい6月中旬ごろ済州島地方から始まり、少しずつ中部地方にも梅雨が訪れるようになり、約1ヶ月間、続きます。

気温

中部山間地方を除き、韓国の年間平均気温は、10~16℃。最も蒸し暑い8月で23~27℃。5月は16~19度、10月が11~19℃と過ごし易い気温です。最も冷える1月となると、-6~8 ℃まで下がります。

年間降水量

中部地方の年間降水量は1100~1400mm、南部地方は1000~1800mm。慶尚北道は1000~1200mm、慶尚南道海岸一部地域は1800mm、済州島地方は1450~1850mm。年間降水量の50~60%は、夏に降ります。

湿度

7月と8月が最も湿度が高く、約80%ほどになります。

韓国の基本情報

韓国の基本情報
ビザ、パスポート、公共マナー、ビジネスアワー、電圧、電源プラグなど、 韓国を旅行する上での基本情報。
韓国の休日・祝日・祭日
韓国の休日・祝日・祭日
韓国の国旗
韓国の国旗「太極旗」(テグッキ / Taegeukgi / たいきょくき)の解説、デザイン、意味、象徴性など。
韓国の国歌/dt>
韓国の国歌「愛国歌」(エグッカ)の解説、歌詞、動画ファイルによる視聴。
気候/天気
韓国の気候、天気に関する情報。気温、年間降水量、湿度など。

韓国関連の公的機関・組織・団体

韓国関連のメディア