2016~2017年韓国の祝日/祭日/休日

韓国の祝日/休日について

韓国を訪れる旅行者、あるいは現地に住んでいる方にとって気になるのは韓国の祝日/休日です。 韓国の祝祭日は、新暦によるものと、旧暦によるものの2種類あります。

旧暦の祭日は、「ソルラル」(旧正月)、釈迦誕生日、「チュソク」(秋夕)の3つで、毎年、日付けが移動します。

さて、韓国の祝祭日の中で特に重要視されているのは、ソルラル(旧正月)とチュソク(秋夕)です。 この期間は、多くの商店や飲食店がお休みとなるので、旅行される方はご注意を!

なお、7月17日の制憲節(憲法公布記念日)は、2008年から国の祝日ではなくなっています。

2017年 韓国の祝日/休日カレンダー

※赤字が国が定め祝日です。

2017年1月1日(日) 新正月(신정)
新暦のお正月。韓国では旧正月を盛大に祝うため、1月1日だけがお休みで、1月2日から会社や学校が始まるケースが多いようです。韓国にも年賀状を送る習慣もあります。
1月27日(金)~1月30日(月) ソルラル(旧正月 / 구정 / 설날)
韓国では旧暦のお正月が根付いており、チュソク(秋夕)と並んで2大名節の一つとして盛大にお祝いします。1月27日(金)が旧暦の大晦日にあたり、1月28日(土)が旧正月、1月29日が二日目として祝日となっています。1月30日(月)振替休日。
故郷に家族が揃ってお祝いし、お世話になった人々にお歳暮を送る習慣があるため、お正月商戦が繰り広げられます。
2017年2月11日(土) テボルム / 대보름)
陰暦1月15日に当たり、農繁期の準備と無病息災を願う日です。各地でイベントも催されます。
2017年2月14日(火) バレンタインデー
韓国でも女性が男性に寄せる想いを甘いチョコレートに託してプレゼントする習慣があり、若い人にとっては一大イベントとなっています。約2週間前からチョコレートを販売商戦がヒートアップし、様々なイベントやキャンペーンが繰り広げられます。2月14日当日は街中がカップルの姿で埋め尽くされます。
2017年3月1日(水) 三一節 / サミルジョル / 삼일절)
1919年3月1日、日本の植民地支配に対して市民たちが自主独立を求めて行った独立運動を称える独立運動記念日です。8月15日の光復節、10月3日の開天節と並ぶ、韓国の3大祝日の1つです。
街中に太極旗が掲げられ、ソウルのタプコル公園のある鍾路(チョンノ)では三・一独立運動で殉死した人々を追悼する記念行事などが催されます。
2017年3月14日(火) ホワイトデー
韓国でもバレンタインデーにチョコレートなどを貰った男性が、そのお返しとして女性にキャンディやマシュマロ、ホワイトチョコレート等のプレゼントを贈る日として定着しています。
毎年3月に入ると、スーパーやコンビニ、パン屋では様々なお菓子販売合戦が繰り広げられます。
2017年5月3日(水) 釈迦誕生日(석가탄신일)
旧暦4月8日にお釈迦様の誕生を祝う日です。日本では、灌仏会(かんぶつえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、花祭(はなまつり)といった名称で呼ばれています。
韓国ではチョパイル(初八日)とも呼ばれ、街中には蓮華を模した燃灯が灯ります。ソウルでは韓国仏教最大の祭典「ヨンドゥンチュッチェ」(燃灯祝祭)が開催されます。全国のお寺でも記念行事が開かれます。
2017年5月5日(金) 子供の日(어린이 날)
子供たちの成長を願う記念日です。ソウルの龍山(ヨンサン)にある国立中央博物館で特別イベントが行われる他、各地で様々な行事が行われます。
2017年5月8日(月) 父母の日 / オボイナル / 어버이날)
両親へ感謝の気持ちを表す記念日です。両親にプレゼントするカーネーションや鉢植えを売る店が街の至る所に出店します。
2017年5月15日(月) 先生の日 / ススンエ ナル / 스승의 날)
恩師を敬い、感謝の気持ちを伝える日です。当日の早朝は、花やプレゼントを手にした子ども登校姿を見ることができます。
2017年6月6日(火) 顕忠日(忠霊記念日 / 현충일)
国のために命を捧げた殉国者に敬意を払い、冥福を祈る祝日です。 日本植民地時代に独立に寄与した運動家や朝鮮戦争で戦死した韓国軍将兵などが眠る国立ソウル顕忠院(ヒョンチュンウォン)では、大々的に追悼行事が行なわれます。
2017年7月17日(月) 伏日 / ポンナル / 복날)
日本の「土用の丑」のように、夏の暑気払いで滋養食を食べる日です。伏日は暑い盛りの7月~8月にかけて三回あり、7月17日は初伏(チョボッ)。参鶏湯(サムゲタン)や補身湯(ポシンタン)など栄養のつくものを食べる習慣があります。
2017年7月22日(土) 伏日 / ポンナル / 복날)
夏の暑気払いで滋養食を食べる日です。伏日は暑い盛りの7月~8月にかけて三回あり、7月22日は中伏(チュンボッ)。参鶏湯(サムゲタン)や補身湯(ポシンタン)など栄養のつくものを食べる習慣があります。
2017年8月1日(火) 伏日 / ポンナル / 복날)
夏の暑気払いで滋養食を食べる日です。伏日は暑い盛りの7月~8月にかけて三回あり、8月1日(火)は末伏(マルボッ)。 参鶏湯(サムゲタン)や補身湯(ポシンタン)など栄養のつくものを食べる習慣があります。
2017年8月15日(火) 光復節(独立記念日 / 광복절)
日本の植民地支配からの解放と大韓民国政府樹立を祝う独立記念日です。3月1日の三一節、10月3日の開天節と並ぶ韓国の3大祝日の1つです。
街中に太極旗が掲げられ、大統領が参席する独立記念館での記念式典をはじめ、全国各地で記念行事が行なわれます。
2017年10月3日(火) 開天節(建国記念日 / 개천절)
朝鮮民族の始祖とされている神話上の檀君(タングン)が古朝鮮を建国したことを記念する祝日です。ソウル中心部の社稷(サジッ)公園をはじめ、韓国各地にある檀君を祀った「檀君祀堂」(タングンサダン)などで開天節の記念行事が行なわれます。
2017年10月3日(火)~6日(金) チュソク(秋夕 / 추석)
旧暦の8月15日(中秋節)に祖先祭祀やお墓参りをする韓国の重要な祝日です。ソルラル(旧正月)と並ぶ韓国の二大名節の一つ。
10月4日(水)が秋夕にあたり、その前後の日と合わせて3日間が公休日(祝日)です。2017年は、10月3日の開天節(祝日)と日が重なるため10月6日が振替休日となります。また、10月9日はハングルの日で祝日のため、実質的に7連休となります。
韓国では1ヶ月前から祖先のお墓の周りの草刈り・清掃を行い、デパートでは特設売場が登場し、贈答品の販売合戦が繰り広げられます。市場も大賑わいします。
秋夕の連休前には、ソウルから地方に帰省する「民族大移動」が始まります。この期間前後に旅行される方は移動などに注意が必要です。
2017年10月9日(月) ハングルの日(ハングル公布の日 / 한글날)
朝鮮語固有の表音文字、ハングルを世宗(セジョン)が発明して公布したことを記念する日です。2013年度から新たに国の祝日に復活しています。韓国各地でハングルをテーマにしたイベントが開催されます。
2017年11月11日(土) ペペロデー
ペペロ(日本のポッキーに相当するお菓子)を親しい人に贈る日として定着しています。ペペロは韓国の国民的お菓子とも言える存在となっており、毎年11月に入ると街中のコンビニやマート、パン屋、ドーナッツ屋などはペペロ一色となるほど、熱い商戦が繰り広げられます。
2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデーと並んで、韓国お菓子業界の熱い熱い商戦時期となっています。
2017年12月25日(月) 聖誕節(クリスマス / 성탄절)
総人口の約3割がクリスチャンという韓国では、イエス・キリストの誕生を祝うクリスマスも国が定めた祝日です。12月初旬頃からデパートや商業ビルは、イルミネーションが輝きます。
クリスマスイブとクリスマスには、カトリック(天主教、チョンジュギョ)教徒は聖堂のミサに、プロテスタント(改信教、ケシンギョ)教徒は教会の礼拝に参加します。

2016年 韓国の祝日/休日カレンダー

※赤字が国が定め祝日です。

2016年1月1日(金) 新正月(신정)
新暦のお正月。韓国では旧正月を盛大に祝うため、1月1日だけがお休みで、1月2日から会社や学校が始まるケースが多いようです。韓国にも年賀状を送る習慣もあります。
2016年2月14日(日) バレンタインデー
韓国でも女性が男性に寄せる想いを甘いチョコレートに託してプレゼントする習慣があり、若い人にとっては一大イベントとなっています。約2週間前からチョコレートを販売商戦がヒートアップし、様々なイベントやキャンペーンが繰り広げられます。2月14日当日は街中がカップルの姿で埋め尽くされます。
2月7日(日)~2月10日(水) ソルラル(旧正月 / 구정 / 설날)
韓国では旧暦のお正月が根付いており、チュソク(秋夕)と並んで2大名節の一つとして盛大にお祝いします。2月7日が旧暦の大晦日にあたり、2月8日が旧正月、2月9日が二日目として祝日となっています。2月10日(水)振替休日。
故郷に家族が揃ってお祝いし、お世話になった人々にお歳暮を送る習慣があるため、お正月商戦が繰り広げられます。
2016年2月22日(月) テボルム / 대보름)
陰暦1月15日に当たり、農繁期の準備と無病息災を願う日。各地でイベントなども催されます。
2016年3月1日(火) 三一節 / サミルジョル / 삼일절)
1919年3月1日、日本の植民地支配に対して市民たちが自主独立を求めて行った独立運動を称える独立運動記念日です。8月15日の光復節、10月3日の開天節と並ぶ、韓国の3大祝日の1つです。
街中に太極旗が掲げられ、ソウルのタプコル公園のある鍾路(チョンノ)では三・一独立運動で殉死した人々を追悼する記念行事などが催されます。
2016年3月14日(月) ホワイトデー
韓国でも、バレンタインデーにチョコレートなどを貰った男性が、そのお返しとしてキャンディやマシュマロ、ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日として定着しています。
毎年3月に入ると、スーパーやコンビニ、パン屋では様々なお菓子販売合戦が繰り広げられます。
2016年5月5日(木) 子供の日(어린이 날)
子供たちの成長を願う記念日です。ソウルの龍山(ヨンサン)にある国立中央博物館で特別イベントが行われる他、各地で様々な行事が行われます。
2016年5月8日(日) 父母の日 / オボイナル / 어버이날)
両親へ感謝の気持ちを表す記念日。両親にプレゼントするカーネーションや鉢植えを売る出店が街の至る所に出現します。
2016年5月14日(土) 釈迦誕生日(석가탄신일)
旧暦4月8日にお釈迦様の誕生を祝う日です。日本では、灌仏会(かんぶつえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、花祭(はなまつり)といった名称で呼ばれています。
韓国ではチョパイル(初八日)とも呼ばれ、街中には蓮華を模した燃灯が灯ります。ソウルでは韓国仏教最大の祭典「ヨンドゥンチュッチェ」(燃灯祝祭)が開催されることを初め、全国のお寺で記念行事が開かれます。
2016年5月15日(日) 先生の日 / ススンエ ナル / 스승의 날)
恩師を敬い、感謝の気持ちを伝える日。当日の早朝は、花やプレゼントを手にした子ども登校姿を見ることができます。
2016年6月6日(月) 顕忠日(忠霊記念日 / 현충일)
国のために命を捧げた殉国者に敬意を払い、冥福を祈る祝日です。 日本植民地時代に独立に寄与した運動家や朝鮮戦争で戦死した韓国軍将兵などが眠る国立ソウル顕忠院(ヒョンチュンウォン)では、大々的に追悼行事が行なわれます。
2016年7月17日(日) 伏日 / ポンナル / 복날)
日本の「土用の丑」のように、夏の暑気払いで滋養食を食べる日。伏日は暑い盛りの7月~8月にかけて三回あり、7月17日は初伏(チョボッ)。 参鶏湯(サムゲタン)や補身湯(ポシンタン)など栄養のつくものを食べる習慣があります。
2016年7月27日(水) 伏日 / ポンナル / 복날)
日本の「土用の丑」のように、夏の暑気払いで滋養食を食べる日。伏日は暑い盛りの7月~8月にかけて三回あり、7月27日は中伏(チュンボッ)。 参鶏湯(サムゲタン)や補身湯(ポシンタン)など栄養のつくものを食べる習慣があります。
2016年8月15日(月) 光復節(独立記念日 / 광복절)
日本の植民地支配からの解放と大韓民国政府樹立を祝う独立記念日。3月1日の三一節、10月3日の開天節と並ぶ韓国の3大祝日の1つです。
街中に太極旗が掲げられ、大統領が参席する独立記念館の記念式典をはじめ、全国各地で記念行事が行なわれます。
2016年8月16日(火) 伏日 / ポンナル / 복날)
日本の「土用の丑」のように、夏の暑気払いで滋養食を食べる日。伏日は暑い盛りの7月~8月にかけて三回あり、8月12日(水)は末伏(マルボッ)。 参鶏湯(サムゲタン)や補身湯(ポシンタン)など栄養のつくものを食べる習慣があります。
2016年9月14日(水)~9月16日(金) チュソク(秋夕 / 추석)
旧暦の8月15日(中秋節)に祖先祭祀やお墓参りをする韓国の重要な祝日です。ソルラル(旧正月)と並ぶ韓国の二大名節の一つ。
9月15日(木)が秋夕にあたり、その前後の日と合わせて3日間が公休日(祝日)となります。
韓国では1ヶ月前から祖先のお墓の周りの草刈り・清掃を行い、デパートでは特設売場が登場し、贈答品の販売合戦が繰り広げられます。市場も大賑わいします。
秋夕の連休前には、ソウルから地方に帰省する「民族大移動」が始まります。この期間前後に旅行される方は移動などに注意が必要です。
2016年10月3日(月) 開天節(建国記念日 / 개천절)
朝鮮民族の始祖とされている神話上の檀君(タングン)が古朝鮮を建国したことを記念する祝日です。ソウル中心部の社稷(サジッ)公園をはじめ、韓国各地にある檀君を祀った「檀君祀堂」(タングンサダン)などで開天節の記念行事が行なわれます。
2016年10月9日(日) ハングルの日(ハングル公布の日 / 한글날)
朝鮮語に固有の表音文字であるハングルを世宗(セジョン)が発明して公布したことを記念する日。2013年度から新たに国の祝日に復活しています。韓国各地でハングルをテーマにしたイベントが開催されます。
2016年11月11日(金) ペペロデー
ペペロ(日本のポッキーに相当するお菓子)を親しい人に贈る日として定着しています。ペペロは韓国の国民的お菓子とも言える存在となっており、毎年11月に入ると街中のコンビニやマート、パン屋、ドーナッツ屋などはペペロ一色となるほど、熱い商戦が繰り広げられます。
2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデーと並んで、韓国お菓子業界の熱い熱い商戦時期となっています。
2016年12月25日(日) 聖誕節(クリスマス / 성탄절)
総人口の約3割がクリスチャンという韓国では、イエス・キリストの誕生を祝うクリスマスも国が定めた祝日です。12月初旬頃からデパートや商業ビルは、イルミネーションが輝きます。
クリスマスイブとクリスマスには、カトリック(天主教、チョンジュギョ)教徒は聖堂のミサに、プロテスタント(改信教、ケシンギョ)教徒は教会の礼拝に参加します。