韓国の基礎情報

韓国の基本知識

正式国名 大韓民国 / Republic of Korea / 대한민국
首都 ソウル / Seoul。韓国の全人口の約1/4が集中しています。
面積 約9万9720km2(2007年韓国統計庁データ。 2008年以降データは非公開。北朝鮮を含まず。約37万7923km2ある日本の約26%)
人口 約4977万人(2009年現在の韓国人住民登録人口。日本人口の約40%です)
政治体制 大統領を元首とする民主共和制を敷いています。2011年12月現在、李明博(イ・ミョンバク)大統領。
民族構成 韓民族からなる単一民族国家とされていますが、ごく少数ながら中国系住民(華僑・華人)もいます。
宗教 信教の自由が保障されており、キリスト教徒約27%、仏教徒約24%のほか、さまざまな宗教が信仰されています。
国旗 宇宙の万物が陰・陽で構成され互いに発展し合うという象徴性を持つ太極旗(テグッキ)。詳細解説
国歌 愛国歌(エグッカ)、作詞:不詳、作曲:安益泰。詳細解説
国花 無窮花(ムグンファ)。日本では、むくげと呼ばれる花で、7月から10月にかけて花を咲かせます。
言語 公用語はソウル方言をもとにした朝鮮語(韓国語)。韓国人自身は、通常、「国語」(ウリマル)と呼んでいます。 文字は15世紀に創り出された、 母音10、子音19、複合母音11の計40を組み合わせた表音文字のハングルが主流で、一部漢字が混用されています。
時差 日本と韓国では、時差はありません。また、サマータイムは導入されていないため、 年間を通じて日本と同一時間です。

旅行基本情報

入出国/パスポートとビザ 下記の要件を満たす場合、ビザは不要です。通常の観光旅行では、 パスポート残存期間さえ確かめれば大丈夫です。
1:観光目的であること。
2:90日以内の滞在であること(3ヵ月ではないことに注意)。
3:復路または台湾出国の予約済みチケットを持っていることが望ましい。
4:パスポートの残存期間が滞在日数+3ヵ月以上あることが望ましい。
※ビザ・パスポート等の情報は、予告なく変更されることがあります。 必ず大使館、領事館、旅行会社でご確認ください。
電圧と電源プラグ 電圧は220Vが大半で、一部110Vが混在しています。 電源プラグの形状は、110V用コンセントは日本と同じA型、 220Vはヨーロッパと同じC型またはSE型です。   最近の日本のノートパソコン、デジカメ、ドライヤーなどの多くの電化製品は240Vまで対応しています。 その場合は変換プラグを間に挟んで、そのまま使用できます。 また、多くのホテルでは、変圧器の貸し出しサービスがあります。 フロントやビジネスセンターで尋ねてみましょう。
海外用電源プラグ Cタイプ 海外用電源プラグ SRタイプ
楽天市場 電源プラグ製品一覧
ビデオ方式 テレビ、ビデオは日本と同じNTSC方式のため、例えば、持参したビデオカメラとホテルのテレビをつなげば、 テレビの番組録画も可能です。韓国で購入したビデオソフトも、日本でそのまま再生できます。
DVD方式 韓国のDVDのリージュンコードは「3」です。一方、日本のリージュンコードは「2」です。 そのため、「Allcode」と明記されているリージョンフリー(オールリージョン)のDVDでない限り、 そのままでは、日本で見ることができません(パソコンで見る場合、リージョンコードの変更は、通常5回まで可能です)。
韓国の水道水は硬水です。洗顔、歯磨きに問題はありませんが、水道水をそのまま飲用するのは 避けた方が無難です。 韓国ではミネラルウォーターのウォーターサーバーが、 食堂や銀行、公共施設内に普及しており、誰もが無料で飲むことができます。 また、食堂・レストランなどで出される飲料水は、通常、煮沸したお茶を冷ましたものか、 消毒加工水なので、神経質にならずとも飲用できます。 なお、硬水は髪が傷みやすいため、長期滞在の際はトリートメントを!
ビジネスアワー 銀行: 月~金曜の9:00~16:00、土・日曜、祝日はお休み。営業時間中は両替可能です。
商店: 通常、10:00~20:00が目安。ファッションビルは深夜営業も多くあります。
レストラン: 通常、10:00~23:00が目安。旧正月とチュソクは、多くのお店がお休みとなります。
コンビニエンスストア: 24時間営業の店舗が多数あります。
日本への
国際郵便料金
航空ハガキ: W350、航空封書:10gまでW480、小包: 船便2kgまでW1万、航空便500gまでW1万4200、 EMS非書類500gまでW1万4300。
郵便局の営業時間: 月~金曜日の9:00~18:00、土曜・日曜・祝日はお休みです。 一部の郵便局は平日20:00、土曜13:00まで営業。
通貨/貨幣 通貨の単位はウォンで、記号はWです。 2011年3月現在、W100は約7円強(約72円がW1000)です。 紙幣はW5万、W1万、W5000、W1000の4種類あります。
硬貨はW500、W100、W50、W10(新旧)、W5、W1の6種類ありますが、現在、W5とW1はほとんど流通していません。
チップについて 基本的に、韓国にはチップの習慣はありません。 ホテル宿泊費、あるいは高級レストランでの飲食などには、あらかじめサービス料が付加されています。 高級ホテルなどで荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼む際は、 W5000~W1万のチップを目安にしては、どうでしょうか。
税金 韓国では、すべての消費行為に対して10%の付加価値税(VAT)がかけられています。 通常は内税ですが、稀に外税もあります。外国人が「TAX FREE SHOPPING」のマークがある加盟店でW3万以上の買い物をして、手続きをした場合は、 VATの一部が払い戻される制度があります。

韓国旅行情報

韓国の基本情報
ビザ、パスポート、公共マナー、ビジネスアワー、電圧、電源プラグなど、 韓国を旅行する上での基本情報。
韓国の休日・祝日・祭日
2016~2017年韓国の休日・祝日・祭日